玄米ってどんな栄養があるの?また、その健康効果、美容効果は?

 

玄米は、収穫した稲のお米から一番外側のもみ殻だけを取り除いたものです。

 

この玄米からさらに、ぬかと胚芽を取り除いたものが白米です。
ぬかと胚芽には、栄養がたくさんります。

 

この栄養をそのまま体に取り入れたい時には、玄米をいただきます。
少し食べづらい時には、胚芽の部分を少し残した分つき米という形にすることもできます。

 

胚芽が残っている割合によって、7分搗き、5分づき、3分づき、など精米する段階が違ってきます。

 

最近は、玄米の栄養はそのままで、食べた感じは白米とほとんど変わらない「金芽米」というものも開発されてます。

 

その他にも、赤米、黒米、緑米など、さまざまなお米があります。

 

玄米を炊きながら、日本古来の雑穀も一緒に炊いたりすると、目にも鮮やかなごはんが出来上がります。

 

 

玄米玄米には、良質の食物繊維がたくさん含まれています。
その他、ビタミンB1,ビタミンE、ミネラルも豊富です。
体内の不要な物を排出してくれるフィチン酸も入っています。

 

玄米を食べ続けると、お肌がキレイになったり、便通がよくなったり、悪性腫瘍が治癒したりします。
美容や健康にうれしい食べ物が、玄米です。

 

どうしても、玄米ごはんが苦手な場合は、玄米パンや玄米の粉で作られた麺類、スイーツもあるので、それらを利用して玄米パワーを感じてみるといいと思います。

【スポンサードリンク】



もっと知りたい「玄米」のこと

玄米オムライス

つるつる、モチモチの美肌に憧れて、さまざまな化粧品を試してきましたが、なかなかコレだ!という納得できる商品に出会えませんでした。肌に沁み込む機能性化粧品は、星の数ほどあるというのに、いったいいつになったら、肌に合う化粧品に巡り会えるのか・・・気が遠くなりかけてました。その頃、考えたのですが、祖母の時代やそれ以前の女性は、どうやってお肌のお手入れをしていたのだろう?ふと、疑問が湧いてきました。万葉集...

オリザプラス玄米に含まれている玄米ポリフェノールを、ギュッと凝縮したものがオリザプラスと呼ばれるものです。これは、国内の飲料メーカーが、独自に開発をしてサプリメントに添加している新成分です。自立神経に効果的に作用する成分として、注目を集めています。玄米ポリフェノールそもそも玄米ポリフェノールとは、いったい何なのでしょうか?まずは、ポリフェノールの説明です。「ポリフェノール」と聞くと、赤ワンを思い浮...

ごま一粒に、1%未満しか含まれない若々しさを保つ稀少な健康成分「セサミン」と、体調を整える力の「オリザプラス」が、ドッキングしたものが「セサミンEX」です。エイジングサプリメントとして注目されています。セサミンごまに含まれる栄養成分で、ごまの代表的な成分であるゴマリグナンの中に含まれます。セサミンは、ゴマリグナンの中で最も多く含まれる成分です。セサミンは、そのままだと抗酸化作用はありませんが、体内...

トコトリエノールは、ビタミンEの一種で、強力な抗酸化作用を持つ栄養素です。脂溶性の抗酸化ビタミンで、活性酸素などのフリーラジカルによる細胞膜や血管の損傷を防御します。コレステロールや中性脂肪を低下させる特有の作用もあります。美容効果もあるので、「スーパービタミンE」と呼ばれています。小麦胚芽やナッツ類、植物油脂、玄米などに多く含まれます。血栓症の予防や抗がん作用、動脈硬化の予防にも効果が期待されて...

トースト専用玄米パン

「疲労回復には玄米が効く」と言われて、玄米ご飯にしてみたものの、かえって、疲れやすいような気がする…便秘の解消に食べ始めたのに、改善するどころか便秘がひどくなったような…玄米を食べ始めた方の中には、そういう経験をされる方もおられるようです。長く玄米食を続けた人の中には、顔が黒っぽくてごぼうのように見え、貧血気味になったり、歯が悪くなったり、骨が弱くなったように思えたりする場合もあるそうです。玄米食...

土鍋で炊く玄米

玄米の炊き方には、方法がいくつかあります。炊き方によって、食感が変わったり、味が違うように感じられます。食べる側の体調によっても、美味しく感じたり、重いな、と感じたりさまざまです。いろいろやってみましたが、時間がない時には、炊飯器の玄米モードで炊くのが楽ですね。私は、その時の気分で炊き方は色々です。お水の加減や時間も、おおよそというかんじでテキトーにしています。もし固くなりすぎていたら、おかゆにす...

玄米に雑穀をのせたもの

女性誌や芸能人の間でも話題になっている美容食といえば、「玄米酵素ごはん」です。「寝かせ玄米」とも呼ばれています。玄米に小豆、塩を合わせて炊き、炊飯器で保温し続けるだけで、もちもちとしておいしい玄米ごはんになるのです。胃腸の調子がよくなり、免疫力や新陳代謝もアップして、お肌も体もキレイに。代謝がよくなると、脂肪も燃えやすくなりますから、ダイエット効果も期待できます。健康に痩せるために、酵素玄米を始め...

発芽玄米発芽玄米は、わずかに0.5〜1mmほど発芽した玄米で、天然の栄養素を最も多く含んだお米です。お米のの種である玄米に、適量の水を加えると酵素が活性化して、発芽状態になり、玄米よりも栄養価が高く、外皮も柔らかくなるので、おいしくなります。発芽するときには、種子の中で新しい命を生み出すために劇的な変化が起こり、炭水化物やたんぱく質が分解されて栄養分が増えます。ビタミン、ミネラル、ギャバ、食物繊維...

遠賀のひかり

玄米は収穫されたお米からもみ殻をとっただけの種子です。適当な水分と温度があれば発芽して、やがて稲となって新たなお米を生み出す生命力があります。一方、白米は、長い間水につけていると腐っていくだけです。玄米は「生きているお米」、白米は「死んでいるお米」だと表現される所以です。玄米と白米の最大の違いと言えます。しかし、現代では、全ての玄米が生きているとは限りません。過剰な化学肥料で育つ稲の玄米は、全体の...

玄米を主原料にしたサプリメントもいくつかあります。手軽の玄米の栄養を摂りたい時や、出張や旅行の携帯できるので便利です。個人的にたまに利用するのが、玄米のマイセンが出している玄米サプリメント。錠剤タイプの「元氣の力」とドリンクタイプの「元氣の力」です。玄氣の力(げんきのちから)は、玄米を麹と玄米の乳酸菌で発酵させて、一年以上熟成させたものです。29種類の有効成分が凝縮された健康食品です。主な有効成分...

玄米は、いろいろな栄養素が豊富…とは言うものの、子供に食べさせていいのかどうかは、気になるところですよね。私の場合は、子供が…よく噛むことが出来てかつ喜んで食べるのなら食べさせてもいいんじゃないかなぁ…と、今のところ、考えています。よく玄米食をするなら「ひとくち100回噛むようにとか200回は噛ん下さい」と指南されている指導者の方もおられますよね。それくらい噛まないと、やはり玄米は、消化しにくいと...

マイセンの玄米

「玄米食を始めよう」と思った最初のころ、口コミの評価をいろいろと調べていたら、いちばん高評価だったのが、福井県のマイセンさんでした。いろんな人の口コミや感想をみてみると、一番多かったのが「玄米とは思えないほど美味しい。」という意見。美味しい玄米って、どんな味だろう?…って、私も、すごく気になったので、まずは、玄米5kgを注文してみました。マイセンさんの玄米ならこちらからで、実際に食べてみると…これ...

玄米を食べてみようかな…と思った時に、気になるのは、残留農薬ですよね。私も玄米を食べてみようと思った時に、いろいろな情報を集めてみたんですが、いろいろあり過ぎて、かえってわけがわからなくなりました(^_^;)そこで、人の意見よりも「まずは、自分で食べて試してみよう」と思い、今まであちらこちらの玄米を食してきました。いろいろ試してみた結果、結論から先に言うと…これから玄米を始めようと思っていて、残留...