玄米のサプリやドリンクってあるの?

玄米を主原料にしたサプリメントもいくつかあります。
手軽の玄米の栄養を摂りたい時や、出張や旅行の携帯できるので便利です。

 

個人的にたまに利用するのが、

 

玄米のマイセンが出している玄米サプリメント。
錠剤タイプの「元氣の力」とドリンクタイプの「元氣の力」です。

 

玄氣の力(げんきのちから)は、玄米を麹と玄米の乳酸菌で発酵させて、一年以上熟成させたものです。

 

29種類の有効成分が凝縮された健康食品です。
主な有効成分は、ビタミン各種、コエンザイムQ10、パントテン酸、タウリン、βグルカゴンなどが含まれています。

 

玄米のエキスが、さらに発酵という過程を経ることで、パワーアップしています。

 

錠剤の方は、小さめの黄色い粒で、一日に8粒をめやすに摂ります。
ビタミンCのちょっとすっぱい味がします。
舐めるタイプではなくて、水やぬるま湯で飲みこみます。

 

寝る前に飲むことが多いのですが、翌朝の目覚めは、確かに良くて、朝からスッキリした感じがします。

 

ドリンクタイプの方は、一日一本が目安です。
ドリンクには、若返りの成分として注目されている赤ワインエキスのレスベラトロールが配合されてます。

 

添加物は一切使用されていないのに、自然の甘さというか、とても飲みやすい味です。
朝飲むと、一日元気に過ごせます。

 

マイセン 玄米サプリ
http://www.maisen.co.jp/shopping/supplement/genki_drink.html

 

マイセンの他では、食健が出している、
「もみくろ」という玄米の籾殻までを超高温高圧で、長時間炊いて黒焼きにしたものと発酵黒にんにくを合わせたサプリメントがあります。

 

「もみくろ」
http://www.shokken-shop.jp/fs/shokken/genmai-tablet/1302010

 

食健には、他にも玄米を使用したサプリメントが何種類かあり、体質に合わせて利用すると良さそうです。
粉末の玄米なども、香ばしくて美味しいです。

 

血液をきれいにすることが、大事だと説かれています。

 

食健
http://www.shokken-shop.jp/

【スポンサードリンク】



関連ページ

玄米の美肌効果〜そもそも昔は、米ぬか袋で肌を綺麗にしてた〜
昔ながらの米ぬかを使って、ツルピカのお肌を手にいれましょう。ぬか床を毎日かき回していると、利き手だけ肌がキレイになったりします。身近な米ぬかで美肌作りも夢ではありません
オリザプラスの効果〜玄米に含まれるポリフェノール〜
オリザプラスは、玄米ポリフェノールを凝縮したもので、乱れがちな体調を整える効果が注目されています
セサミンとオリザプラスを含むサプリメントで疲労回復
ごまの中の優れた成分セサミンと、玄米の力を凝縮したオリザプラスを一緒に取ると、相乗効果で疲れが吹っ飛び元気がでます
トコトリエノールの効能は?(玄米などに含まれるビタミンEの一種)
トコトリエノールは「スーパービタミンE」と呼ばれてその効美肌美白の効能が注目されて、サプリメントとしても登場しました。
玄米は疲れがとれるの?それとも、疲れやすいの?
玄米には豊富な栄養素が含まれているので、健康増進にいいはずですが、玄米を食べているにもかかわらず疲れやすかったりするケースもたまにあります。そのはミネラル不足からくるものかもしれません。
玄米の炊き方〜炊飯器や圧力釜のほかに、土鍋でも炊けます〜
玄米は炊き方によって、食感が異なります。玄米モードの炊飯器なら白米と同じ手間でおいしく焚けます。気楽に玄米を炊いて食べてみると、とりこになるかもしれません
酵素玄米の効果〜お赤飯みたいなご飯で、美味しくて食べやすい〜
酵素玄米というネーミングからして、体に良さそうですね。実際に酵素玄米生活をすると、ダイエットをはじめとして、健康、美容にうれしい効果が実感できます
発芽玄米とは?白米、玄米との違いは?
発芽玄米がブームになってから、久しいですがその人気は衰えをみせません。それだけ、発芽玄米の恩恵を受けている人が多いということですね。
玄米と白米の違いは?
玄米も好き、白米も好き、それぞれに美味しさや良さがあります。みんな違ってみんないい!
玄米は子供に食べさせてもいいの?消化に悪いと思うのですが…
「よく噛まないと消化に悪い」と言われる玄米を「子供の食べさせていいのかどうか」を考えてみました。
口コミで評価が高いマイセンの玄米5kgを試してみました
買った人の口コミや感想で「玄米とは思えないほど美味しい。」という意見が多かったので、私も、マイセンさんの玄米5キロを試してみました。
玄米の残留農薬が気になるなら、自然農法のお米を選びたい
玄米の残留農薬が気になるようなら、自然農法で栽培され、農薬検査もしっかりしているお米を選ぶのがおすすめです。