「ごま」ってどんな健康効果や美容効果が期待できるの?

 

ごまとゴマすり鉢

 

「アラビアン・ナイト」の呪文「開けゴマ」もごまの持つ万能パワーに由来していて、中近東では、ごまは宝物として扱われていました。

 

「魔法の霊験に通じる神秘なごま」と表現され、貴重なものとして扱われていたのです。

 

ごまは、最古の作物で食用としてはもちろん、儀式用、薬用、化粧用として使われていました。

 

エジプトの女王クレオパトラも、化粧品や香料にごま油を使用していたようです。

 

インドでも、五千年の歴史をもつアーユルヴェーダという伝統医学では、ごま油が美顔をはじめとするトータルケアに使われています。

 

このように、紀元前の昔からごまのパワーは認識されていたのでした。

 

現代になり、その具体的な美容効果や健康効果が解明されています。

 

ごまに含まれるゴマリグナンの抗酸化作用が1999年の医学会総会記念日本体力医学会シンポジウムで発表されました。

 

若返り(アンチエイジング)にも効果があることがわかり、世間にも広く知られるようになりました。

 

また、ゴマリグナンには、活性酸素を除去する作用もあり、生活習慣病をはじめとするさまざまな病気の改善に役立つこともわかりました。

 

あの小さいごまの中には、美容や健康に欠かせない微量元素の栄養が豊富に含まれています。

 

日々の生活の中に上手に取り入れて、アンチエイジングと健康で長生きできる体をつくりましょう。

 

普段のお惣菜に、彩りとしてパラパラすると、何のへんてつもないオカズがいいかんじになります。

 

ほうれんそうの胡麻和え

ほうれん草のゴマあえ

 

カブの即席づけ

カブの即席漬け

 

おやつの胡麻入り南部せんべい

ゴマ入り南部煎餅

 

 

【スポンサードリンク】



もっと知りたい「ごま」のこと

ごますり器

ごまは外皮が硬いので、すったり切ったりすると消化しやすくなります。さらに、加熱する抗酸化作用も高くなるので、調理するたびに炒ってからすりつぶして食べるのが、体にはやさしいと言えます。時間がない時には、、すでにいりゴマやすりごまの状態になったものが売られているので、パパっとそれらを利用するのこともあります。時間と気持ちに余裕がある時には、生のゴマを炒って、すり潰すと、香り立ちもよくてゴマに含まれる油...

ごまは、紀元前から食用として世界各国で使われてきました。大きく分けると、黒ごま、白ごま、金ごまの3種類になります。見た通り、種皮の色が違うのです。主な成分や栄養価、効能はほとんど変わりません。どのごまも食用として、さまざまな料理やお菓子に使われています。黒ごまは、他にくらべると薬効の幅が広いので、漢方では黒ごまを薬用として用います。白ごまは、油分が多いので、油を採取するのに多く使われています。金ご...

ごまの小さな種子の中には、血中コレステロールを減らすリノール酸などの不飽和脂肪酸や抗酸化作用のあるゴマリグナン、肝臓の働きを助けて二日酔いの予防になるセサミン、などの有効成分が、ぎゅぎゅっと凝縮されています。最近の研究で明らかになっのが、ごまの希少成分であるセサミンに悪玉コレステロールを減らす効果があるということです。コレステロール自体は、体の細胞膜やホルモンや胆汁酸などに必要な成分なので、適量は...

シルバーのアクセサリーは、最初はプラチナと変わらないくらいに輝いてますが、時間が経つにつれて黒ずんだ錆のようなものが、表面に付着し輝きが失われていきます。この状態が、「酸化」といわれるものです。人間の体でも同様のことがおきています。時間の経過と共に、体の内部や外部に錆のような変化が起きて、老化現象や病気という形で現れてきます。原因としては、生活習慣や体質や食事の好みなどのさまざまな条件が重なって発...

ゴマリグナンは、ゴマ特有の成分で、その成分の中のひとがセサミンです。ゴマリグナンには強い抗酸化力があり、生活習慣病やガンの予防、アンチエイジング効果や肝機能の向上効果などが注目されています。特に脂質の酸化を防ぐ特徴があり、ごま油が他の油とくらべると酸化しにくいのは、ゴマリグナンの働きによるものです。ゴマリグナンは、食物繊維の一種でもあり大豆や乳製品に含まれるイソフラボンと同じように女性ホルモン)エ...

ゴマリグナンは、食物繊維の仲間で「ファイトエストロゲン」とも呼ばれています。ファイトはギリシャ語で植物の意味で、ゴマリグナンは植物性の女性ホルモンの一種なのです。乳製品や大豆に含まれるイソフラボンと同じように、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。ホルモンバランスが原因で起こる、月経不順や更年期障害に効果を発揮します。ごまには、カルシウムビタミン群が多く含まれているので、神経の高ぶりをしず...

ごまの中のゴマリグナンが、体にはとてもいいと知り(テレビですけど)ゴマリグナンのサプリを探しました。もともと、産後の便秘がきっかけで、助産婦さんに教えていただいた、ごまとクルミをすりつぶしたものをよく食べていたので、ごまの良さは体感していたのです。便秘の症状は改善され、しばらくは意識してごまを常食していましたが、忙しくなってくると、手間をかけずにゴマの成分をとりたいと考えるようになりました。ゴマリ...

ごまが体にいいことはわかっていますが、1日にどれくらいの量を食べるのがいいのかなーと思い調べてみました。そうたくさんは食べれないですけど、目安としてこれくらいだよ、というのがわかるといいなと思いました。ごまのメーカーさんのサイトを見ると、どこもだいたい大さじ2杯くらいが適量だと説明されていました。ごま大さじ2杯で、1日に必要な栄養素をまんべんなく補うことができるようです。主なものでは、ビタミンEが...

インドの伝統医学アーユルヴェーダで全身のマッサージに用いられのがゴマ油です。頭髪のマッサージから美顔にいたるまで、すべてにゴマ油が使用されています。3000年以上前から、ごまの効用が認められていたということです。セサミオイルに含まれるセサミンに強い抗酸化力があり、新陳代謝を活発にする働きがあるのです。特に黒ゴマには、肉体の老化を防いだり、血液を増やし、その機能を高める働きが高いようです。黒ゴマを食...

ごまの効用のひとつとして、肉体の老化を防いだり、血流を増やして各臓器の機能を高めるというものがあります。そこから、ごまを食べると白髪が減るとか髪が黒くなると言われるようになりました。特に、黒ごまは漢方にも用いられるように、他のごまに比べて薬効の幅が広いため、黒ごまを食べると、白髪が改善されるとよく聞きます。白ごまも金ごまも、成分としては大差はないので、どのごまもよく噛んで体にとりいれると、新陳代謝...