「ごま」って、どんな栄養があるの?白ゴマと黒ゴマで違いは?

ごまは、紀元前から食用として世界各国で使われてきました。
大きく分けると、黒ごま、白ごま、金ごまの3種類になります。
見た通り、種皮の色が違うのです。

 

主な成分や栄養価、効能はほとんど変わりません。
どのごまも食用として、さまざまな料理やお菓子に使われています。

 

黒ごまは、他にくらべると薬効の幅が広いので、漢方では黒ごまを薬用として用います。

 

白ごまは、油分が多いので、油を採取するのに多く使われています。

 

金ごまは、生産量が少ないのですが、香りのよさや色合いのよさが人気です。

 

ごまの主な栄養成分は、脂質・カルシウム・鉄・ビタミンE・ビタミンB1などです。
機能性成分として、ゴマリグナン・メチオニン・トリプトファン・アルギニンが含まれています。

 

見た目は小さなごまですが、カルシウムやビタミン郡が豊富に含まれています。
これらは、神経を安定させる働きがあり、女性特有のイライラや疲労回復にも効果を発揮します。

 

ごまに含まれている不飽和脂肪酸(リノール酸)やビタミンEは、末梢血管障害を改善したり、冷え性の治療にも有効と言われてます。

 

栄養成分を詳しく見てみると、鉄以外にも銅やマンガン、亜鉛などの微量元素やミネラルもまんべんなく含まれています。これらの微量元素は、貧血の改善や美肌づくりに欠かせない栄養素です。

【スポンサードリンク】



関連ページ

「ごま」をそのまま食べるのってどう?すり潰した方がいいの?
ゴマをそのまま食べる時と、すり潰して食べるときの違いについて。
「ごま」にはコレステロールを下げる効果があるの?
ごまとコレステロールの関係は、どうなっているのか。ごまにはコレステロールを下げる効果があるらしいです
活性酸素を除去には「ゴマ」などの抗酸化食品を食べるといいかも
抗酸化食品と呼ばれる、野菜・果物・ナッツ類がここのところ注目を浴びています。どの食材にも豊富な抗酸化作用成分が含まれているようです。
ゴマリグナンとセサミンの違いは?
ゴマリグナンとセサミンは、どういう間柄なのか?親戚か?それぞれの素性を解明します。
ゴマリグナンは、イソフラボンなどの女性ホルモンと働きが似てる
ゴマリグナンは、食物繊維の仲間で「ファイトエストロゲン」とも呼ばれています。ファイトはギリシャ語で植物の意味で、ゴマリグナンは植物性の女性ホルモンの一種なのです。
ゴマリグナンをサプリで取りたい!体の酸化を予防して老化を防ぐ
ゴマリグナンのサプリメントを探した結果、ゴマリグナンの成分であるセサミンのサプリメントに行き着きました
「ごま」は、1日に、どれぐらい食べればいいの?
いいと聞くとたくさん食べてしまう性格なので、1日のごまの適量を調べてみました。
「ごま」には育毛効果があるの?
ごまで毛が生えるのか?育毛効果があるとか、ないとかウワサでは聞いたことがありますが、実際のところどうなのでしょう。
黒ゴマは白髪を改善してくれる?白ゴマは金ゴマは?
「黒ごまを食べると白髪が減る」という話を聞いたことがあります。ワカメもそうかな…黒ごまと白髪のつながりを考察しました。