「ごま」にはコレステロールを下げる効果があるの?

ごまの小さな種子の中には、血中コレステロールを減らすリノール酸などの不飽和脂肪酸や抗酸化作用のあるゴマリグナン、肝臓の働きを助けて二日酔いの予防になるセサミン、などの有効成分が、ぎゅぎゅっと凝縮されています。

 

最近の研究で明らかになっのが、ごまの希少成分であるセサミンに悪玉コレステロールを減らす効果があるということです。

 

コレステロール自体は、体の細胞膜やホルモンや胆汁酸などに必要な成分なので、適量はないといけないものです。

 

善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、肝臓の働きが弱くなると、悪玉コレステロールが増えすぎて、血管の内壁にくっつき血流を悪くしてしまいます。

 

いわゆる動脈硬化をひきおこすことになるのです。

 

しかし、悪玉コレステロールが過剰になった状態に、ごまのセサミンとビタミンEを摂取すると悪玉コレステロールの上昇が抑えられるという実験結果が発表され、ごまのセサミンが注目されているのです。

 

別の調査で、禅宗のお坊さん達の食生活を調べたところ、ごまを常食していると血管や細胞の老化を遅らせる作用があることもわかりました。

 

これもセサミンのなせるワザなのです。

 

血管を構成する細胞膜に作用して、細胞膜の老化を防止して新陳代謝を促すことで、血管を丈夫でしなやかにするということですね。

【スポンサードリンク】



関連ページ

「ごま」をそのまま食べるのってどう?すり潰した方がいいの?
ゴマをそのまま食べる時と、すり潰して食べるときの違いについて。
「ごま」って、どんな栄養があるの?白ゴマと黒ゴマで違いは?
あの小さいごまには、どんな栄養があるのでしょうか?黒や白、金のごまの違いは何なのか?
活性酸素を除去には「ゴマ」などの抗酸化食品を食べるといいかも
抗酸化食品と呼ばれる、野菜・果物・ナッツ類がここのところ注目を浴びています。どの食材にも豊富な抗酸化作用成分が含まれているようです。
ゴマリグナンとセサミンの違いは?
ゴマリグナンとセサミンは、どういう間柄なのか?親戚か?それぞれの素性を解明します。
ゴマリグナンは、イソフラボンなどの女性ホルモンと働きが似てる
ゴマリグナンは、食物繊維の仲間で「ファイトエストロゲン」とも呼ばれています。ファイトはギリシャ語で植物の意味で、ゴマリグナンは植物性の女性ホルモンの一種なのです。
ゴマリグナンをサプリで取りたい!体の酸化を予防して老化を防ぐ
ゴマリグナンのサプリメントを探した結果、ゴマリグナンの成分であるセサミンのサプリメントに行き着きました
「ごま」は、1日に、どれぐらい食べればいいの?
いいと聞くとたくさん食べてしまう性格なので、1日のごまの適量を調べてみました。
「ごま」には育毛効果があるの?
ごまで毛が生えるのか?育毛効果があるとか、ないとかウワサでは聞いたことがありますが、実際のところどうなのでしょう。
黒ゴマは白髪を改善してくれる?白ゴマは金ゴマは?
「黒ごまを食べると白髪が減る」という話を聞いたことがあります。ワカメもそうかな…黒ごまと白髪のつながりを考察しました。