活性酸素を除去には「ゴマ」などの抗酸化食品を食べるといいかも

シルバーのアクセサリーは、最初はプラチナと変わらないくらいに輝いてますが、時間が経つにつれて黒ずんだ錆のようなものが、表面に付着し輝きが失われていきます。
この状態が、「酸化」といわれるものです。

 

人間の体でも同様のことがおきています。

 

時間の経過と共に、体の内部や外部に錆のような変化が起きて、老化現象や病気という形で現れてきます。

 

原因としては、生活習慣や体質や食事の好みなどのさまざまな条件が重なって発生するものと考えられています。

 

そのひとつの要因として「活性酸素」があげられます。

 

人間が生きていくためには、酸素を必要とするので、酸素を利用する時に必ずできるのが「活性酸素」なのです。

 

通常は、活性酸素ができても体のなかで処理されていくので問題にはなりません。

 

しかし、バランスを崩したりして本来の体の働きができなくなり、活性酸素が増え、酸化ストレス状態になると、老化やガンなどを引き起こしやすくなります。

 

そこで、酸化ストレスを改善してくれる食品(抗酸化食品)が注目されているわけです。

 

野菜や果物、ナッツ類が、抗酸化食品の代表です。
トマトに含まれるリコピンや、ブルーベリーのアントシアニン、コーヒーのポリフェノールなどはよく聞きますね。

 

もちろん、ごまに含まれるリグナンも抗酸化作用が顕著です。

 

抗酸化作用がない野菜や果物、ナッツ類はないとも言えるので、好きなものを中心にしてバランスよく食べるのがいいと思います。

【スポンサードリンク】



関連ページ

「ごま」をそのまま食べるのってどう?すり潰した方がいいの?
ゴマをそのまま食べる時と、すり潰して食べるときの違いについて。
「ごま」って、どんな栄養があるの?白ゴマと黒ゴマで違いは?
あの小さいごまには、どんな栄養があるのでしょうか?黒や白、金のごまの違いは何なのか?
「ごま」にはコレステロールを下げる効果があるの?
ごまとコレステロールの関係は、どうなっているのか。ごまにはコレステロールを下げる効果があるらしいです
ゴマリグナンとセサミンの違いは?
ゴマリグナンとセサミンは、どういう間柄なのか?親戚か?それぞれの素性を解明します。
ゴマリグナンは、イソフラボンなどの女性ホルモンと働きが似てる
ゴマリグナンは、食物繊維の仲間で「ファイトエストロゲン」とも呼ばれています。ファイトはギリシャ語で植物の意味で、ゴマリグナンは植物性の女性ホルモンの一種なのです。
ゴマリグナンをサプリで取りたい!体の酸化を予防して老化を防ぐ
ゴマリグナンのサプリメントを探した結果、ゴマリグナンの成分であるセサミンのサプリメントに行き着きました
「ごま」は、1日に、どれぐらい食べればいいの?
いいと聞くとたくさん食べてしまう性格なので、1日のごまの適量を調べてみました。
「ごま」には育毛効果があるの?
ごまで毛が生えるのか?育毛効果があるとか、ないとかウワサでは聞いたことがありますが、実際のところどうなのでしょう。
黒ゴマは白髪を改善してくれる?白ゴマは金ゴマは?
「黒ごまを食べると白髪が減る」という話を聞いたことがあります。ワカメもそうかな…黒ごまと白髪のつながりを考察しました。