「ごま」をそのまま食べるのってどう?すり潰した方がいいの?

ごまは外皮が硬いので、すったり切ったりすると消化しやすくなります。

 

さらに、加熱する抗酸化作用も高くなるので、調理するたびに炒ってからすりつぶして食べるのが、体にはやさしいと言えます。

 

時間がない時には、、すでにいりゴマやすりごまの状態になったものが売られているので、パパっとそれらを利用するのこともあります。

 

時間と気持ちに余裕がある時には、生のゴマを炒って、すり潰すと、香り立ちもよくてゴマに含まれる油も酸化してないので、胃にも負担にならずおいしくいただけます。

 

ゴマを噛んだ時のプチプチとした感触が好きな人は、すり潰さずによく噛んで食べるといいと思います。

 

中華菓子のごま団子の表面の白ゴマを、プチプチいわせながらいただくのは至福の時間ですね。
よく噛まないで呑みこんだりすると、次の日にそのままのゴマが、体から出て行くことになります。

 

特に大腸がんの検査の時には、気をつけてくださいね。

 

私も、たまたまですが、前日に胡麻団子をたくさん食べてたので、そのままの形で混じっていたことがありました。
ちょっと遊びゴゴロで、アートっぽく胡麻のところを採取して検査に提出したことがあります。

 

ゴマをすり潰すには、すり鉢で摺るのもいいいですし、ごますり器を使うのもお子さんがいる家庭では、楽しいと思います。

 

さかさまにして、ハンドルをグルグル回すとゴマが摺れています。

 

 

ごますり器

ごますり器

 

 

ごますり器からゴマを出したところ

 

 

すり鉢もすり器もない場合は、清潔なふきんにゴマを挟んで、上から包丁で切るといいです。
摺ったようにはなりませんが、それなりに切り胡麻になります。

 

 

【スポンサードリンク】



関連ページ

「ごま」って、どんな栄養があるの?白ゴマと黒ゴマで違いは?
あの小さいごまには、どんな栄養があるのでしょうか?黒や白、金のごまの違いは何なのか?
「ごま」にはコレステロールを下げる効果があるの?
ごまとコレステロールの関係は、どうなっているのか。ごまにはコレステロールを下げる効果があるらしいです
活性酸素を除去には「ゴマ」などの抗酸化食品を食べるといいかも
抗酸化食品と呼ばれる、野菜・果物・ナッツ類がここのところ注目を浴びています。どの食材にも豊富な抗酸化作用成分が含まれているようです。
ゴマリグナンとセサミンの違いは?
ゴマリグナンとセサミンは、どういう間柄なのか?親戚か?それぞれの素性を解明します。
ゴマリグナンは、イソフラボンなどの女性ホルモンと働きが似てる
ゴマリグナンは、食物繊維の仲間で「ファイトエストロゲン」とも呼ばれています。ファイトはギリシャ語で植物の意味で、ゴマリグナンは植物性の女性ホルモンの一種なのです。
ゴマリグナンをサプリで取りたい!体の酸化を予防して老化を防ぐ
ゴマリグナンのサプリメントを探した結果、ゴマリグナンの成分であるセサミンのサプリメントに行き着きました
「ごま」は、1日に、どれぐらい食べればいいの?
いいと聞くとたくさん食べてしまう性格なので、1日のごまの適量を調べてみました。
「ごま」には育毛効果があるの?
ごまで毛が生えるのか?育毛効果があるとか、ないとかウワサでは聞いたことがありますが、実際のところどうなのでしょう。
黒ゴマは白髪を改善してくれる?白ゴマは金ゴマは?
「黒ごまを食べると白髪が減る」という話を聞いたことがあります。ワカメもそうかな…黒ごまと白髪のつながりを考察しました。