スーパーフードってなに?キヌア、チアシードのほかに日本の和食も

スーパーフード

 

少し前から「スーパーフード」という言葉を、よく聞くようになりました。

 

食品売場にもスーパーフードのコーナーが出来たりしてますよね。

 

美容や健康に良くて、ちょっとオシャレな感じするスーパーフードは、モデルさんのインスタにも、頻繁に登場しているようです。

 

キヌアのサラダや、スムージーにチアシードを合わせたドリンク、ココナッツとクコの実のサンドイッチ、スピリナ入のお好み焼きなどなど…食材にスーパーフードを使ったメニューも多彩になって来ています。

 

特に、チアシードは、少量で満腹感が得られるので、ダイエット食品としても注目を浴びています。

 

そもそもスーパーフードってなに?どんな食べ物なの?

 

簡単に言うと、栄養素を豊富に含み、栄養のバランスが優れている食べ物です。

 

さらに、一部の栄養や健康成分が突出して多く含まれる食品をさして、スーパーフードと呼ばれてます。

 

ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの美容や健康に有効な成分が、一般の食品よりもバランス良く多量に含んでいて、特定の栄養素がずば抜けて、多く含まれている食物です。

 

食品とサプリメントの中間的な位置づけで、料理の食材や健康食品として、毎日少量を摂取するだけで、必要な栄養素を満たせることができると考えられています。

 

マクロビオティックの「一物全体」という考えや、中国の薬膳や漢方にも通じるところがありますね。

 

代表的なスーパーフードは、アサイー、ココナッツオイル、チアシード、スピルリナ、ブロッコリースーパースプラウト、麻の実、クコの実、カムカムなどです。

 

話題の食べ物はかりですね。

 

ダイエットや、ガンなどの疾病や生活習慣病の改善によく用いられる食材ばかりです。

 

これらは主に、海外に自生する植物ですが、日本の伝統食にもスーパーフードはたくさんあります。

 

ユネスコの無形文化遺産となった和食に使われる日本の調味料をはじめ、日本の昔ながらの食べ物には、スーパーフードが豊富にあります。

 

味噌、しょうゆ、梅干し、納豆、しょうが、昆布、ひじき、緑茶、抹茶・・・などです。

 

身近な食品ばかりですね。

 

目新しいスーパーフードや、慣れ親しんできた食品を活かして、バリエーション豊かな食事を楽しみ、スタイルアップしたいですね。

 

毎日のお弁当に、どれかひとつ加えるだけでもよさそうです。

【スポンサードリンク】



要注目!魔法のスーパーフードたち

はじめの頃は、美や健康に気を使う一部の人たちの間で飲まれていたアーモンドミルクやライスミルクも、普通に近所のスーパーに置かれるようになって、一般的にも広く知られるようになってきたようですね。女性誌のモデルさんや、テレビで紹介されたりした影響でしょうか。アレルギーがあって、牛乳や豆乳がダメな場合にも、アーモンドミルクやライスミルクは重宝します。この夏は、私も結構、いろんなところから出ている商品を飲み...

私が、ビーポーレン(みつばちの花粉)知ったきっかけは、子どものアトピーを改善したくていろいろ調べた時でした。完全栄養食ということで免疫を高めるから「アトピーにも効果がある」と紹介されてました。しばらく自分と子どものために、購入して食べましたね。半年くらいだったでしょうか。確かに、いつのまにかアトピーがおさまって、きれいな肌に戻りました。みつばちの花粉だけでなくて、お風呂の塩素対策や、洗濯洗剤やシャ...

利尻昆布

昆布というと冬の定番おでんのダシに使ったり、酢昆布だったり少し地味なイメージもありますが、実は昆布には食物繊維が豊富で、糖質や脂質の吸収を抑え、内臓脂肪を落とす働きがあることが、近年の研究でわかり始めています。昆布の食物繊維と、難消化性多糖類の昆布ファイバーに含まれる、フコイダンいう多糖類の構成要素であるフコースには、内臓脂肪を減らす作用があり、少量のフコースでも、脂肪の燃焼を促すことが、東大での...