ヘンプミルクとは?栄養バランスの取れた注目の飲み物

 

はじめの頃は、美や健康に気を使う一部の人たちの間で飲まれていたアーモンドミルクやライスミルクも、普通に近所のスーパーに置かれるようになって、一般的にも広く知られるようになってきたようですね。

 

女性誌のモデルさんや、テレビで紹介されたりした影響でしょうか。

 

アレルギーがあって、牛乳や豆乳がダメな場合にも、アーモンドミルクやライスミルクは重宝します。

 

この夏は、私も結構、いろんなところから出ている商品を飲みましたよ。


ライスミルクは、だいたい味は一種類ですが、アーモンドミルクは、コーヒー味やチョコレート、甘めのタイプなどバリエーションがあります。

 

おすすめは、シュガーフリーですね。

 

そして最近、気になっているのは、ヘンプミルクです。

 

ヘンプミルクとは?

 

牛乳の代わりに飲む植物性のミルクとして注目を集めているのが「ヘンプミルク」です。飲みやすい味で癖もなく、栄養価も抜群に高いことから、ハリウッドセレブが大絶賛。日本でも、徐々に広がりを見せつつあります。

 

ヘンプと言うと大麻なので、イメージ的に「あれっ、いいのかな?」という気もしますね。

 

一般に流通しているヘンプは、大麻とは別の品種なので大丈夫なのです。

 

今も、スーパーフードとして流行しているチアシードと同じようにペンプシード(麻の実)も健康食品としては長い間親しまれていて、ヘンプミルクは、その麻の実を原料としているのです。

 

必須脂肪酸(オメガ3とオメガ6)のバランスが、ちょうどよくて理想的と言われています。

 

必須アミノ酸も豊富で、卵やチーズ、鶏肉や赤身の魚よりもタンパク質が多く含まれていいるところも魅力なのです。

 

これから寒くなりますからねー。

 

筋肉をつけておかないと、冷え性になって体が弱ってしまいますからね。

 

ある程度の筋肉を体につけておくと、代謝がよくなって血流が促され、冷え性にはならないようです。私的には、筋肉をつける=寒さ対策と考えています。

 

なので、意識して筋肉の元になるタンパク質はとる方がいいいと思います。もちろん、適度な運動も大事ですね。

 

というわけで、今ちょっとヘンプミルクに注目しています。

 

また、実際に試してみたら感想などを書きたいと思います。

【スポンサードリンク】



関連ページ

みつばちの花粉(ビーポーレン)の効果は?アトピーは改善した?
子どものアトピーを改善しようと思って、みつばちの花粉(ビーポーレン)を試してみました。半年くらいで、きれいな肌に戻す効果があったような気がします。
昆布で内臓脂肪を落とす!フコイダンや「出汁」の効果も続々と
日本人の食事に馴染みの深い、「昆布」には、内臓脂肪を落とす力が秘められているという研究結果が続々と報告されています。昆布の健康効果や、上手な取り入れ方についてまとめました。