炭酸飲料の健康への影響は?

 

水と二酸化炭素だけで作られている炭酸飲料の場合は、さほど心配する必要はありませんが、原料に砂糖類や添加物の表示があるものには、気をつけた方がいいと思います。

 

特に、「ブドウ棟果糖液糖」「果糖ブドウ糖液糖」が成分に含まれる飲み物は飲み過ぎに注意が必要です。
主に遺伝子組み換えとうもろこしから作られることが多い「コーンシロップ」が入っています。

 

また、血糖値の上昇速度が、お砂糖よりもさらに早くなります。
急激な血糖値の上昇を繰り返していると、、細胞膜にダメージを与え、老化を促進し糖尿病などの疾病リスクも高くなります。

 

通常500ml入りのペットボトルには、6個から15個分の角砂糖が含まれています。
これだけの砂糖が含まれていると、ふつうは甘くて飲めませんが、人工甘味料などの添加物と香料、酸味料で誤魔化されているというわけです。

 

最近のダイエット系の炭酸飲料には「カロリーゼロ」を謳っているものも多いです。
たしかにカロリーはゼロかもしれませんが、人工甘味料を使用してあるので、常飲は避けた方が賢明です。

 

人工甘味料は、食欲を増進させ、満足感を感知する脳の細胞に損傷を与える、という研究結果も報告されているからです。

 

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】