梅干しでカルシウムをとる?牛乳が苦手で、カルシウム不足の人に

 

梅干しでカルシウム

 

カルシウムは、日本人にとって不足しがちな栄養素と言われています。

 

摂取したカルシウムの99%は骨や歯に、残りの1%は血液や筋肉、神経などで重要なはたらきをしている、とても大切な栄養素です。

 

カルシウムが不足すると、交感神経のバランスが崩れて、イライラしたり、怒りやすくなります。

 

また、骨粗しょう症にもなりやすくなるので、積極的にカルシウムを摂取することが、勧められています。

 

日本人は、他の栄養素は基準量を上回って摂れているのに、カルシウムだけは下回ったままという調査結果もあります。

 

あんまり「カルシウム」っていうイメージはないものの、意外にカルシウムを多く含んでいて、身近な食べ物が梅干しです。

 

100g辺りのカルシウム

 

 牛乳   110g
 梅干し   65g

 

牛乳の半分以上のカルシウムを含んでいるんですね。

 

そして、基本的に、カルシウムは、水に溶けにくく、体に吸収されにくいのですが、梅干しの場合は、クエン酸が含まれており、これが、カルシウムを水溶性へと変化させ、腸からの吸収率をアップしてくれるのだそうです。

 

せっかくカルシウムを摂っても、体内に吸収されなければ、意味無いですもんね。

 

牛乳や小魚が苦手な人には「梅干し」が強い味方

 

カルシウムを多く含む食品といえば、牛乳や小魚ですが、牛乳を飲むと、お腹が痛くなる人もいるのではないでしょうか。

 

小魚も、よほど好きか気合を入れて食べないと、普段の生活に取り入れるのが難しい人が多いようです。

 

そんな時の強い味方が「梅干し」です。

 

先ほど見たように、牛乳よりは少ないですが、果物や野菜に比べるとカルシウムの含有量は多い部類になります。

 

そのうえ、クエン酸パワーで、他の食品よりのカルシウムが吸収されやすいという特徴もあります。

 

とかくカルシウムは吸収されにくい栄養素なので、量を多く含んでいることよりも、実際に体に吸収されやすいということが、大切だと思われます。

 

また、骨の形成には、カルシウムのほかにビタミンDも必要になりますから、梅干しのおにぎりを持ってハイキングにをしたりして、たまには太陽にあたるのもいいですね。

 

日本人に馴染みの深い梅干しを毎日食べることで、確実にカルシウムがとれるとは嬉しいですね。

【スポンサードリンク】



関連ページ

便秘に梅干しはいいの?朝食抜きなら、梅干しから始めるといいかも
梅干しに含まれるカテキン酸は、腸内環境を整え、腸の働きを活発にする効果があると言われています。朝食抜きで、便秘に悩んでいる人は「朝、梅干しを1つ食べる」のを試してみるのもいいかもです。
梅干しでダイエット!クエン酸回路を活発にし、基礎代謝アップ!
梅干しってダイエット効果があるの?梅干しで痩せると言われている理由とその効果について。
梅の実の収穫時期は?完熟の「落ち梅」はフルーティーな香り
梅の実の収穫時期や収穫方法。完熟梅の「落ち梅」について。